住宅・子供の教育費・老後のお金…まとめて心配

無料相談では、お金に関する漠然とした不安について相談を頂くことが多くあります。

相談に来られる方のパターンとしては、主に2つあります。
1つは、
「住宅も購入したいし子供の教育費もかかる、どうやってどのくらいを準備すれば良いか分からない」
という方からの相談です。

周りの話を聞いてみても、そんなに不安に思わず住宅ローンを始めている印象がある一方、
子供の進学で家計が大変になった、という話もよく聞く。
学資保険などでこどもの教育費を積み立てているつもりでも足りるかどうかも分からない。
というパターンです。

もう1つは、
「自分たちの老後資金をどうやって準備すれば良いか」
という方からの相談です。

老後2000万円問題、という言葉を聞くようになりましたよね。
なので、
「今現時点でいっぱいいっぱいなのに老後をどう準備すれば良いのか」
と考えている方からの相談を受けることが多くあります。

また、この二つをどちらも不安視されている方も多くいらっしゃいます。

 

◆これから先の貯蓄を不安に思う根本的な原因

この2つのご相談の不安は根本的には同じです。
「将来的に自分たちの人生にどのくらいのお金が掛かるか分かっていない」
ということが、不安の原因になっています。

今現時点でどのくらいのお金を毎月使っているのかはわかります。
ただ、これから掛かるお金も調べてみても数字がまちまちでよくわからなかったりします。
更に、
「これからのことを考えたところで不安になるだけだし、なってみたらみんなどうにかしてるし…」
と現実逃避したくなる気持ちもあるのではないでしょうか。

確かに、どうにかはなるかも知れません。
ただ、分かって準備するともっと良い結果を出せていたと後悔すると思います。

実際に、将来のシミュレーションをしてみると、60代で貯蓄が0になってしまう方が多くいらっしゃいます。

でも、まだ大丈夫です。
今それを知って準備をすれば将来的にお金に困らない生活を送ることは難しくはありません。

◆早いタイミングで全体を知る

なぜかというと、実際にお金が必要なタイミングまでの期間が長ければ長いほど、できる準備が多いからです。

将来掛かるお金の準備方法は様々あります。
①収入を増やす
②支出を減らす
③資産運用で増やす
④将来掛かる金額を調整する
⑤借り入れをする
これらは時間とともに選択できるものが減っていってしまいます。

お金が必要なタイミングからギリギリになってしまうと最終的にはある分でどうにかするしかなくなります。
お子さんの進学先が制限されてしまうかもしれません。
自分の理想の間取りの家を建てられないかも知れません。
老後生活が余裕のないものになるかも知れません。
そんな後悔をしないために、将来いくらのお金を用意すれば良いのかを知り、少しずつ準備を始めていきませんか?

 

◆漠然と準備をしても続かない

ただし、早い方が良いからと言ってとりあえず今より貯蓄を増やす方法をお勧めしているわけではありません。
ゴールがない貯蓄はストレスになることが多く、無理なく長く続けることが難しいのではないでしょうか。
先ずは『いつ・いくらのお金が必要なのか』を知ることで目標を持って貯蓄をできる状態を作ることから始めましょう。

その『いつ・いくらのお金が必要なのか』が分からなくてもご安心ください。
無料相談ではデータをお見せしながら一緒に考えることができます。

 

◆無料相談を利用することで分かること

①これから掛かる支出(教育費など)、増える収入(昇給・就職など)の金額を確認します
②退職までに貯蓄しておきたい金額を計算します
③現在の収支の中で現在貯蓄が出来ている金額から将来いくら貯蓄ができるか計算します
④①~③を組み合わせて現状の貯蓄状況で問題ないか確認します
⑤④の結果から、追加で必要な準備金額を算出します
⑥準備方法について、アドバイスを行います
上記までを45分の無料相談の中でお伝えしていきます。

ここまでわかると今の自分の収支で足りているのか、大幅な改善が必要なのか、が分かります。
『今、知っておかないと大変なことになるところだった』
という感想をよく頂きます。

 

◆有料相談までご利用される場合

無料相談だけでも、
『予想される支出と、どの程度不足しているのか』
を把握し、抱えている不安を解消することができます。

ただ、より詳しい分析やアドバイスが必要な場合は有料相談も用意しています。

有料相談では、どの時期にどの程度の支出が想定されるかを計算し、お金の流れを明確にしたシミュレーションを行います。
具体的には、このような詳しいシミュレーション結果をお渡し、わかりやすいように説明をしていきます。

また、それ以外にも
・貯蓄できる時期はいつなのか?
・どうやったら目標とする貯蓄額を達成できるのか?
・〇歳時点での貯蓄目標
・複数パターンでのシミュレーションの作成
(例えば、予算3000万円で家を建てた場合と3500万円で建てた場合の家計シミュレーション)
などこのようなアドバイスをすることができます。

特に、貯蓄目標のアドバイスは好評をいただいており、
「何歳までにいくらの貯蓄ができれば大丈夫なのかわかるので安心できる!」
という声をよくいただいています。

◆一番大切なのは『準備する金額・方法』を早いうちに把握すること

ライフプランというと大げさに聞こえるかも知れません。
ただ、最近はただ毎日を過ごしていくだけでは将来お金に困ることになる可能性が少なくありません。
そこまで具体的でなくても、将来のことを考えて準備するのは今では必要なことになっています。

将来後悔をすることがない様に。

より無理なく、より効率的に準備をしていくにはきちんと知ることが大切です。

無料相談だけでもその金額を把握することができますので、ぜひ無料相談をご活用いただければと思います。

無料相談のお申込みはお問い合わせからご連絡ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

住宅購入のご相談