住宅購入のご相談

無料相談では、住宅に関する相談を頂くことが多くあります。

相談に来られる方のパターンとしては、主に2つあります。

1つは、
「見積もりが出てローンの審査が通ったけど本当に大丈夫か心配・・・」
という方からの相談です。

住宅展示場に見学に行き、営業マンと話をしたらその流れで家の見積もりを作ってもらうことになり、
そのままハウスメーカーの紹介で銀行の事前審査を通すことに。

話がトントン拍子で進み、自分たちとしては金額が大きいんじゃないかな?と感じる所はあるけれど、
ハウスメーカーも銀行も「全然問題なく返せますよ!」と言ってくるけど、本当に信じていいのかわからず心配になってきました・・・

というパターンです。

もう1つは、
「自分が無理なく購入できる住宅価格が知りたい」
という方からの相談です。

東信エリアでは、家を買うのが一般的です。
なので、
「近い将来、家を買うことになると思うけれども一体いくらまでの家なら大丈夫なのか知りたい」
と考えている方からの相談を受けることが多くあります。

 

◆家を買うときに不安に思う根本的な原因

この2つのご相談の不安は根本的には同じです。
「将来的に無理なく返せる金額がわからない」
ということが、不安の原因になっています。

住宅ローンの返済を始めるというのは、ほとんどの人にとって初めての経験です。
なので、住宅ローンの返済額が自分にとって高いかどうかを判断するのは難しいですよね。

普通の人がよく使うのは、
「今払っている家賃と同じくらいだったら返せそう」
という基準ですが、買おうとしている家の見積もりがそれよりも高いと、本当に大丈夫なのかな?
と不安になってしまいますよね。

ただ・・・
こういった考え方というのは、実は危険なのを知っていましたか?

 

◆家を買った後の支出の変化を考える必要があります

なぜ危険かというと、必要な支出が家を買った後に変わってくるからです。
特にお子さんが成長していくと、教育費が今よりもずっとかかってきます。
その分の支出を住宅ローンを払いながら捻出できるでしょうか?
また、住宅ローンを返済しながらリタイアした後に必要な金額を貯蓄することはできるでしょうか?

こういったことを考えながらではないと、
『いくらまでの家を買っても良いのか』
という答えは見えてきません。

住宅ローンは30年以上の長い付き合いになるものです。
なので、『今、問題なく返せそうな額』ではなく『将来的にも無理なく返せる金額』を考える必要があります。

◆『将来的にも無理なく返せる金額』を計算する方法

では、『将来的にも無理なく返せる金額』はどうやったら計算することができるのでしょうか?
必要なのは、今後のライフプランを考えることです。

子供の希望(人数、教育など)、仕事(収入推移、退職年齢)、退職後の生活、など
住宅以外でお金が必要なこと、どのくらいの収入が見込めるかをしっかり考えた上で、具体的な数字に落とし込む必要があります。

住宅ローンは始まったら止めることも金額を大きく変えることも基本的には出来ません。
住宅ローンを返さなければいけないせいで、
「子どもが希望する進学先に必要な金額が用意できなかった・・・」
「住宅ローン返済に追われて無理な節約をしなければならず、日々の生活がしんどい・・・」
「家族みんなが楽しみにしている年に1回の家族旅行に行けなくなり、家族の楽しみがなくなってしまった・・・」
「退職したい年齢で退職することができず、働き続けるしかなくなってしまった・・・」
このような影響が出ないようにしっかりと考えていきます。

◆無料相談を利用することで分かること

①現在の収支の中で住居費に充てることができる金額を考えます

②これから掛かる支出(教育費など)、増える収入(昇給・就職など)の金額を確認します

③退職までに貯蓄しておきたい金額を計算します

④①~③を組み合わせて今後継続的に支出できる住居費を計算します

⑤④の結果と返済プラン(金利・返済期間)を組み合わせて借入可能額を計算します

⑥借入可能額と貯蓄の中から頭金として出せる金額から購入価格を算出します

上記までを45分の無料相談の中でお伝えしていきます。

◆有料相談までご利用いただくことで出来ること

無料相談だけでも、
『将来的にも無理なく返せる金額』
を把握し、抱えている不安を解消することができます。

ただ、より詳しい分析やアドバイスが必要な場合は有料相談も用意しています。
有料相談では、どの時期にどの程度の支出が想定されるかを計算し、お金の流れを明確にしたシミュレーションを行います。
具体的には、このような詳しいシミュレーション結果をお渡し、わかりやすいように説明をしていきます。

 

また、それ以外にも
・貯蓄できる時期はいつなのか?
・どうやったら目標とする貯蓄額を達成できるのか?
・〇歳時点での貯蓄目標
・複数パターンでのシミュレーションの作成
(例えば、3000万円の家を買った場合と3500万円の家を買った場合の家計シミュレーション)
などこのようなアドバイスをすることができます。

特に、貯蓄目標のアドバイスは好評をいただいており、
「何歳までにいくらの貯蓄ができれば大丈夫なのかわかるので安心できる!」
という声をよくいただいています。

◆住宅購入で一番大切なのは『将来的にも無理なく返せる金額』を把握することです

住宅購入というのは、人生で一番大きな買い物です。

なんとなくの流れで決めてしまうのではなく、しっかりと考えて進めていくべきものです。

家を買った後に後悔しないためには、
『将来的にも無理なく返せる金額』
を事前にしっかりと把握することが最も重要になります。

ハウスメーカーや銀行の言うことを鵜呑みにしないで、まずはその金額を把握していきましょう。

無料相談だけでもその金額を把握することができますので、ぜひ無料相談をご活用いただければと思います。

 

無料相談のご希望はお問い合わせからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です